睡眠障害とは

睡眠障害のイメージ写真

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態のことです。
主な症状は夜眠れない、昼間に眠くなる、睡眠を妨げる何かがあるなどです。
症状によって原因は異なりますが、不眠症にはメラトニン(睡眠ホルモン)が関係していると言われています。
主な睡眠障害は以下の通りです。

不眠症

睡眠障害の中で最も多くの患者様が訴えている症状です。
不眠症は、主に4つのタイプに分類されます。

入眠障害

不眠症の中でも一番よく見られるタイプです。寝つきが悪く(30分~1時間以上)、心配事やストレスなどによって起こりやすくなります。
しかし一度寝ついてしまえば朝まで眠れることが多いです。

中途覚醒

寝つきは良いです。ただ寝ている途中にトイレなどで起きてしまうと、その後眠れなくなり、そのために熟睡感が得られなくなるタイプです。

熟眠障害

十分な睡眠時間をとっていても眠りが浅く、目覚めたときに熟睡感が乏しいタイプです。
高齢者や神経質な人に多く見られます。

早朝覚醒

寝つきは良く、すぐに眠れるものの、朝早く目が覚めると、そのまま眠れなくなってしまうタイプです。
うつ病の患者様や高齢者に多く見られます。

過眠症

夜十分眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じてしまい、起きているのが困難な状態になる症状が過眠症です。
この場合、日中に耐えがたい眠気を引き起こすナルコレプシー、抑うつ障害や統合失調症などの精神疾患などの症状として発症することもあるので注意が必要です。

ムズムズ足症候群

「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれるムズムズ足症候群は、じっと座ったり横になったりする安静状態になると、脚がムズムズ・ピリピリするのをはじめ、かゆみ、痛みなどの不快感も現れるようになります。
場合によっては、腰や背中、腕や手にも症状が現れます。
主に夕方から夜間にかけて症状が現れることから、睡眠障害の原因のひとつとも言われている病気です。

治療について

症状によって治療はそれぞれ異なります。
不眠症では、睡眠薬や抗うつ薬を使う治療(薬物療法)のほか、不規則な生活を続けることで体内時計がおかしいことが原因であれば生活習慣を改善する生活指導なども行います。
また過眠症の原因が診断の結果、睡眠時無呼吸症候群であれば、その治療に専念できる専門の医療機関の紹介もいたします。