適応障害とは

適応障害のイメージ写真

新しい環境に適応することができず、これが引き金となって様々な心身の症状が現れ、やがて社会生活に支障をきたしてしまうほどの状態になってしまうのが適応障害です。
発症原因の多くは生活環境の変化です。
例えば、新しい土地や職場、学校に移ること、昇進、配置転換などが発症のきっかけとして見受けられます。
多くの場合、生活の変化や強いストレスのかかる出来事が生じてから1ヵ月以内に発症すると言われています。
適応障害の症状は、うつ病によく似ています。
ただ、うつ病とは違ってストレスの原因や出来事がはっきりしていることから、その原因を取り除くことができれば、症状は次第に改善するようになります。
しかし、ストレスの原因から離れることが困難であるなど、回避できない状況になると、症状が慢性化してしまうケースもあります。

症状について

適応障害は、ストレスに対する正常な感情的反応(ストレス反応)の延長線上にあるので、健康な方がよく受けるストレス反応との違いは「重症度」です。
主な症状としては、抑うつ気分、不安、心配などの症状が現れるほか、普段とは異なる問題行動(遅刻、欠勤、早退、暴飲暴食など)や身体症状(不眠、食欲不振、全身倦怠感、疲れやすい など)も見られるようになります。

治療について

治療で優先されるのは原因とされるストレスの軽減です。
そして環境を調整し、適応しやすい状態に整えます。ただ、環境調整が困難な場合も少なくありません。

そのような場合に行うのが、認知行動療法や問題解決療法です。
前者はストレスに上手に対処できるよう物事の考え方とそれに伴う行動の変容を促す精神療法で、後者は現在抱えている問題と症状に焦点を当て、一緒に解決策を考えていく方法です。
なお薬物療法(抗不安薬や抗うつ薬 など)を行うこともありますがこれらは対症療法です。